自立訓練

自立訓練のご利用には障害福祉サービス受給者証が必要です。
サービス費用の一部自己負担があります。

<ご利用のながれ>
受付相談→専門職による評価、医師の診察→評価会議
→個別支援計画書作成→利用検討会→契約→利用

グループ訓練

グループ訓練の対象は、65歳未満で、訓練等給付(自立訓連)の 支給決定を受けた方となります。

「なのはな」生活訓練(知的障害)
 内容:創作的活動、社会適応訓練など
 開催日時:月曜・火曜・木曜の午前9時30分から午後3時30分まで
 標準利用期間:24ヶ月
 定員:1日あたり12名

「すずらん」機能訓練(身体障害)
 内容:創作的活動、機能訓練など
 開催日時:水曜・金曜の午前10時から午後3時まで
 標準利用期間:18ヶ月
 定員:1日あたり10名

「幸次苑」生活訓練(高次脳機能障害)
 内容:社会適応訓練、障害理解の話合いなど
 開催日時:火曜・水曜の午前10時から午後3時まで
 標準利用期間:24ヶ月
 定員:1日おおむね8名

個別訓練

◆理学療法◆
移動動作や耐久力、その他運動面に障害のある人に対し、理学療法士が身体機能や生活動作の維持・回復をはかるための運動や動作訓練を行います。

補装具相談・シーティング相談はこちらをクリック

◆作業療法◆
身体機能や高次脳機能障害のある方に対し、作業療法士が作業活動や環境調整を通して、日常生活の自立や就労への準備を支援します。

詳しくはこちらをクリック

◆言語聴覚療法◆
言語障害や聞こえの障害(失語症、構音障害、難聴など)のある人に対し、言語聴覚士が言語訓練や聞こえの相談などを行います。

「ことば・きこえ」はこちらをクリック

◆心理指導◆
障害に起因する不安や悩みのある方、障害受容が困難な方に対し、心理指導員が評価やカウンセリングを行い、自立に向けて援助します。

詳しくはこちらをクリック

◆視覚障害指導◆
視覚障害(盲ろうを含む)の方に対し、歩行(白杖を使った一人での外出、ガイドの利用など)家事動作(掃除、洗濯、調理、身辺管理など)コミュニケーション(点字、パソコンなど)の訓練を視覚障害指導員が行います。

詳しくはこちらをクリック

お問い合わせ先

成人担当 電話03-5376-3414 FAX 03-5376-3418
 

 
〒156-0043 東京都世田谷区松原6-41-7 TEL.03-5376-3411 FAX.03-5376-3418
公益財団法人世田谷区保健センター 総合福祉センター
Copyright(C)2011 Setagayaku Hoken Center Sogo Fukushi Center All right reserved.