保育士の転職 おすすめの転職サイトランキング

保育士の転職を考えていますか?保育士として新たな環境を求め、更なるスキルアップを図りたいと考えるあなたのために、今回は「保育士の転職 おすすめの転職サイトランキング」をご紹介します。

この記事では、数ある転職サイトの中から、保育士の求職者に特におすすめのサイトを厳選してランキング形式でご紹介。各サイトの特徴や利点、求人の豊富さなどを基に、あなたの転職活動を全力でサポートします。新たなステージに踏み出すあなたを、最適な転職サイトが待っています。さあ、次のキャリアステップへと進みましょう。

保育士で多い転職理由ランキング

一般的に保育士の転職理由として挙げられるものを以下にランキング形式でまとめてみます。

労働環境が悪い

長時間の労働、休日出勤など、厳しい労働環境は保育士の転職理由としてよく挙げられます。

給与に不満がある

給与が低い、または労働環境に見合った給与が得られないと感じる保育士も多いです。

人間関係

職場の人間関係が難しい、または上司との対立がある場合、転職を考える保育士もいます。

キャリアアップ

他の施設やポジションで保育士や管理者として更なるスキルアップを目指すための転職もあります。

結婚・出産や引っ越しなど生活スタイルの変化

結婚・出産や育児、引っ越し等、個人の生活スタイルの変化も転職の理由となることがあります。保育士の方は責任感が強い傾向があり、保育園の雰囲気によりますが、人員が欠けることを申し訳なく思うことがあります。そのため、空気を読みながら順番にタイミングを見極めたりしているという話もあります。

保育士の転職はブランクがあっても大丈夫?

保育士の資格をお持ちであれば、一定のブランクがあっても転職は可能です。しかし、ブランクの期間や理由により、転職活動に影響が出ることもあります。そのため、ブランク期間中に何をしていたのか、その期間をどのように自己成長につなげていたのかを明確に伝えられるように準備することが大切です。

ブランクのある保育士が転職活動をする際には、子どもたちや保護者とのコミュニケーション能力、保育に対する情熱や理念など、具体的なスキルや経験をアピールすることも大切です。

なお、保育士の求人は常に高い需要がある傾向にありますので、ブランクがある場合でも転職先は見つかる可能性が高いです。しかし、具体的な転職の可能性や条件は、地域や施設、個々の経験やスキルなどにより異なるため、転職を考えている場合は専門の転職サイトや転職エージェントを利用するなどして、自身の状況に合ったアドバイスを受けることをおすすめします。

保育士の転職でベストな時期・タイミング

保育士の転職におけるベストな時期やタイミングは、一般的には新年度の開始前、つまり冬から春にかけてです。これは保育園や幼稚園が新しい教育年度を始める4月に合わせて人員を確保しようとするからです。そのため、その時期に求人が増える傾向にあります。

しかし、保育士の需要は年間を通じて高いため、具体的な時期に縛られずに転職活動を始めることも十分可能です。実際、新規開園や急な人手不足などにより、年中無休で新たな保育士を求める施設も多いです。

さらに、個々の転職の理由や希望する働き方、地域や施設の条件などによって、最適な転職のタイミングは異なります。たとえば、転職の理由が「職場の人間関係」や「労働環境」などである場合、その問題が改善する見込みがないと感じたときが転職を考えるタイミングになるかもしれません。また、希望する働き方が「パートタイム」や「シフト制」などである場合、そのような働き方が可能な施設の求人が出たときが最適なタイミングとなるでしょう。

保育士以外の一般企業への転職をする方法

保育士の資格を持つ人は、そのスキルや経験を活かして保育園以外の一般企業への転職を考えることも可能です。その場合、以下のポイントを参考にすると良いでしょう。

保育士として培ったスキルと経験を活かす

保育士としてのスキルや経験は、他の業界でも非常に価値があります。例えば、人間関係の構築、一日の活動計画、年間の行事計画や企画など、問題解決スキル、忍耐力、大人から子どもまで幅広い対象へのコミュニケーション能力などは保育士として現場で仕事してきたからこそ身に着けられるものです。これらのスキルを自己PRの中に盛り込むことで、あなたがその企業に貢献できる価値を示すことができます。

転職後のキャリア・ライフプランを明確にする

なぜ一般企業への転職を希望するのか、どのような業界や職種に興味があるのかを明確にすることが重要です。そして、その目標を達成するために自分がどのようにスキルや経験を活かすことができるのかを整理すると良いでしょう。

スキルアップや資格取得を検討する

転職先の企業や職種によっては、新たなスキルや資格が求められることもあります。例えば、ビジネスの基礎知識やPCスキルなどは、一般企業で働く上で役立つでしょう。また、近年は保育園でもスマホやパソコンでビデオや動画・写真などを編集したり、インスタなどのSNSにアップしたりする取り組みもしていることもあるので、保育士としての現場とは直接関係しなかった付加価値の仕事が、一般企業のマーケティングや広報などに活かせることもありますのでこれらも方向性としてはありだと思います。

保育士以外の一般企業への転職する場合の転職先

保育士が一般企業へ転職する際の具体的な転職先としては、以下のようなものが考えられます。

子供向けの教育関連企業

教材開発、教育コンテンツの制作、教育プログラムの設計などに携わることで、現場で子どもや保護者から反応がよかったものや自分が保育を行う中で実現したかったプログラムなどのアイデアを活かすことができる可能性があります。

企業の内部保育施設

企業でも保育園を設けていることも増えているので、企業で働く従業員のために設ける保育施設で働くことができます。また、歯科医院や美容クリニックなどでは、診察時間に子どもの世話をする施設を設けているケースなどもあります。保育士としての経験が豊富で単独でも働ける場合には、企業から派遣されるベビーシッターという働き方もあります。

子ども向け商品を扱う企業

おもちゃメーカー、子供服メーカーなど、子ども向け商品を開発・販売する企業で働くと、保育士時代に培ったコミュニケーションや企画力を活かすことができます。

福祉関連の企業や団体

障害児教育や特別支援教育、放課後等デイサービスなどの分野で働くことができます。

保育士の転職の方法

保育士資格を持った人が転職する場合には、少しでも子どもにかかわる分野に転職する場合ならば、転職サイト・転職エージェントを利用する方がお勧めです。

自分一人で情報収集していても調べられる範囲も視野も狭まってしまいますし、転職サイトや転職エージェントで自分の希望の条件で調べると「こういう仕事もあったのか」「近場でもこんな職場あったのか」と気づかされることも多いです。保育専門求人サイトほいく畑に登録

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事